静岡県島田市にある上場企業であるティーライフ株式会社の企業サイト

静岡県島田市にある上場企業であるティーライフ株式会社の企業サイト

静岡県島田市にある上場企業であるティーライフ株式会社の企業サイト

SDGs

IRニュース


SDGsへの取り組み

①sdg_poster_ja

SDGs(持続可能な開発目標)とは 2015年9月の国連サミットで採択された

「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの

持続可能でより良い世界を目指すための国際目標です。

 

 

 

健康茶・健康食品・化粧品等の通信販売 03

当社では、健康茶、健康食品、化粧品を主な商材として取り扱っています。主力商品である「メタボメ茶」や「スッキリプーアール茶」をはじめとしたダイエットサポート茶や、美容茶とも呼ばれるノンカフェインの「ルイボスティー」、毛髪補修成分として茶の実油を配合し、潤いのある美髪へ導く「ハグムナチュラルシャンプー」等、お客様の健康・キレイをサポートする商品を展開しています。「機能性表示食品」の品揃え拡充も進めております。 


②メタ褒め茶プラス_10820_image_pkg  ③トリプルメタガード_32550_image_etc   ④赤の恵み青汁スッキリーナ_32551_image_etc  ⑤hugm(ハグム) ナチュラルシャンプー_42031_01
 メタ褒め茶プラス   トリプルメタガード    赤の恵み青汁スッキリーナ  hugm ナチュラルシャンプー



お茶の機能性に関する共同研究の実施 03

静岡県内の大学とプーアール茶の機能性に関する共同研究をおこなっています。成分分析や動物実験を行い、様々なメカニズムを解析していくことを目的としています。研究の結果をもとに、お客様の健康をサポートできる合理的根拠を持った新商品の開発に繋げてまいります。

⑥共同研究の様子



植物由来ティーバッグの採用 12

主力商品のティーバッグ素材は安全性を重視した
植物由来の生分解性フィルターであり、
土に還る環境に優しいティーバッグを採用しています。

 ⑦トウモロコシフィルター【A】PK&TB468_image_pkg


環境へ配慮した資材の採用 12

商品の配送に使用している段ボール箱は、自然保護を考慮したFSC(森林認証
制度)認証の資材を採用しております。ティーライフらしいお茶の葉をイメー
ジしたデザインで、お客様からもご好評をいただいております。
また、ポスト投函でのお届けの際に使用しているビニール製の袋は、紙製の袋
に順次変更していく予定です。環境に配慮した資材の採用を引き続き、進めてまいります。
⑧段ボール画像(馬渕さん加工済み)v2



医療用ウィッグの販売と修理メンテナンス 0312

闘病経験のある社員の声をきっかけに医療用ウィッグの取り扱いを開始しています。販売活動を進めていく中で、ウィッグをお持ちのお客様には「買い替えよりも修理やメンテナンスをして使い続けたい」というニーズが多くあることに気付かされ、クリーニング店等と連携した修理メンテナンスの受付もおこなっております。メンテナンスの対象は、当社で購入した製品だけでなく、他社製品も可能で、お客様がご使用のウィッグを再生利用することができ、環境への配慮も意識した販売活動を推進しています。
また、社会貢献活動の一環として、J.POSH日本乳がんピンクリボン運動オフィシャルサポーターにも加盟しております。

■natuwig(ナチュウィッグ)公式サイト
https://www.natuwig.com/

■認定NPO法人 J.POSH 日本乳がんピンクリボン運動
https://www.j-posh.com/

 


⑨ウィッグ画像

 


⑩ピンクリボンbanner_234_60a 



働きやすい職場環境の整備 0508

家事や子育てと仕事の両立を目指し、
働きやすい職場環境を目指しています。
(取り組み事例)
・NO残業DAYの設定
・テレワーク導入
・くるみんマークの取得
・えるぼし認定(最高位)の取得
・育児休業、有給取得推進日(推進のための活動)
・外国人採用、女性の活躍推進

 育児休業取得率:100% (2020年8月~2021年7月実績)
 有給休暇取得率:72.1%(2020年8月~2021年7月実績) 

※参考数値
 育児休業取得率:81.6%(厚生労働省 令和2年度雇用均等基本調査)
 有給休暇取得率:56.6%(厚生労働省 令和3年就労条件総合調査)

⑪インターネット課打ち合わせ風景IMG_6937⑫インターネット課打ち合わせ風景IMG_6920



フードロスセールの実施 12

日本での食品ロスは年間約612万トンに及び、国民1人あたりに換算すると、毎日お茶碗1杯分の食料を捨てていることになるといわれています。※
当社でも食品の廃棄をなくす観点から「フードロスセール」を実施し、お客様にお得に商品をご利用いただくと同時に食品の廃棄削減を意識した取り組みを実施しています。その他にも、お客様が使わなくなった健康食品・お茶・化粧品・医薬品等を下取りする独自のサービスもおこなっております。

フードロスセール 計4回実施(2021年9月~2022年4月実績)

※農林水産省・環境省調べ、FAQ、総務省人口推計(2017年)

⑬タイムセール_LINE



義援金募金活動の実施 16

2011年3月の東日本大震災以降、義援金を継続して実施しております。当社ではお客様からご不要になった切手やはがきなどをお支払いに充当する「金券払い」を実施しており、お客様からのご希望があった場合には、お品代より多くお送りいただいた分を義援金として寄付しています。当社従業員も含めた、会社からの寄付と合わせ、多くの義援金を寄付することができております。皆様の温かいご支援、ご協力に感謝申し上げるとともに、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

独自サービス「金券払い」についてはこちらから
https://www.tealife.co.jp/user_data/guide_kinken

※集まった義援金は日本赤十字社を通じて、必要な地域に寄付されています。

義援金累計:14,172,525円 ※2022年4月現在
(会社からの寄付:4,500,000円含む)   



一般事業主行動計画

・次世代育成支援対策推進法 一般事業主行動計画(PDF 66KB)